ショートが似合うロリ風俗嬢

紳士になっても仕方がない

デートでは相手をエスコートするかの如く、男側が紳士になって女の子を導く…。そんな風潮もありましたけど、正直言ってそれはもう自分にとっては面倒極まりないなと(笑)女の子と遊べる娯楽が少ない時代であればそれも正解と言うか、それをしなければ女の子と遊べないって話かもしれませんけど今は風俗があるんです。しかも風俗のハードルもかなり低くなっていますよね。お店のホームページを見て気になった子がいたら電話して来てもらえるんです。店舗で営業している風俗店では難しいですけどデリヘルではそれが当たり前のことなんです。当たり前のように自分の目の前にやってきて奉仕してくれるんです。別に紳士ぶって興味のない話にも興味を持っているかのように見せかけたり、細かいことに気を使って相手から「優しい人」「いい人」と思われる必要もないんです。必要な時だけ遊べる風俗の方が、少なくとも自分には合っているのかなって思いはありますよね(笑)

雰囲気って重要だと思う

風俗嬢って、本当に美人なのかどうなのかってあんまり関係ないですよね(笑)だってテーブルに座ってまじまじと向き合うようなこともなく、勢いで楽しむわけです。それこそ顔をまじまじと見るような機会の方が珍しいんじゃないのかなって。だから雰囲気が良ければそれだけで十分なんじゃないのかなと思いますよ(笑)「雰囲気美人」なんて言葉がありますけど、風俗ならそれで十分なんじゃないのかなって。それくらいで十分というよりも、雰囲気の方が重要なのかなと思いますよね。それこそ「私は上手な風俗嬢よ」とか「私の相手が出来て貴方は幸せよ」くらいの気持ちを持っている方が雰囲気に出るじゃないですか。その方が圧倒的に楽しいんじゃないのかなって思いますけどね。だからこそ、風俗を楽しむ時にはホームページでも実物云々というよりも、雰囲気を重視する方が多いです。雰囲気が良ければ、流れの中で楽しめるのは間違いないかなって思うんですよね。